コンドウ理容園のブログ

増毛施術・円形脱毛施術で有名なコンドウ理容園のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

円形脱毛症とヒートショックプロテイン(HSP)??

どうも、円形脱毛施術でおなじみの愛知県のコンドウ理容園 コンドウです。

私のお店、コンドウ理容園の円形脱毛症の
頭皮トリートメントはおかげさまで、口コミで広がり、
市内の総合病院の皮膚科の先生が

「円形脱毛症ならコンドウ理容園にいけ」と、

病院に診察に来た患者さんを紹介してくれるほど自信を持っています。

大変光栄で、ありがたい事ですが、
ただ、この方法で理想的な効果を出すには

【 週 2 回 】は施術をしなければならないのです。

と、いうことは、その都度来店していただく必要があります。

施術する側の私は、

「週2回の施術を受けてください」と、

簡単にいうのですが、

私が考える以上に

「サロンに通う」ということは、

お客さまには苦痛であることを知らされました。
確実に結果を出す自信はある・・・

ですが、
サロンまで通うこと自体が負担になり
結果が出る前に諦めてしまう・・・
この事は最大の課題でした・・・

この課題を解決するべく、
ひたすら突破口を見出そうと毛髪関連以外にも

「医療関連」「体の健康」
「健康食品」「心に関する本」などの
資料文献まで徹底的に読破していくなかで、

「体の中で作られるHSPというタンパク質」について
記してある書籍に出合いました。

「HSP」??? という言葉、
最近は、テレビやネットなどでも
チラホラ聞かれているのですでにご存じある方も
いるのではとおもいますが、

==============
改めてこのHSPの意味とは??
==============

HSPとは、

体に熱(Heat)という刺激(Shock)を与える事により
細胞の中で作られるタンパク質を

HSP(Heat shock Protein 熱ショックタンパク)

といいます。

別名を 「ストレスタンパク」 といいます。

ストレスタンパクと聞くと、
体にとって悪いイメージを想像すると思いますが、

免疫反応や止血作用と同様に
生体の防衛反応(体を守る仕組み)の
一つと考えてください。

HSPはヒトを構成している60兆個もの細胞の中に含まれるタンパク質の
「新生 修復 再生 廃棄処理」などを行い、
細胞自体を強く健康にしてくれます。

「HSPマイルド温熱療法」は、
熱(41度)というストレスを体に与えて
体温38.5度くらいを目指しHSPを増加させ
病気などで障害を受けた細胞を修復し、
細胞を強くする事を目的とします。

最近の研究では
体内のHSPを増やす事で細胞修復だけではなく、

老化防止(痴呆症)や
運動能力を向上させること、

そして、、

↓↓↓

円形脱毛症の発症から回復する過程にも
HSPが大きく関係しているの事が分かってきました。

さらに膠原病にもHSPが関係しているといわれていて、
膠原病起因の円形脱毛症やアトピー性に起因する
円形脱毛症の原因究明もされつつあるそうなので
今後の研究に大いに期待しましょう。

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

西尾市より新規で円形脱毛症ケア(30代男性)のお客様です

円形脱毛施術でおなじみの愛知県のコンドウ理容園です。 西尾市のI様(30代男性)が昨年11月に天頂部に円形脱毛症ができて日に日に大きくなり...

記事を読む

円形脱毛症ケアで約2年ぶりのご来店ありがとうございます

円形脱毛施術でおなじみの愛知県のコンドウ理容園です。 2年前に円形脱毛症ケアで来店してた男性のお客様が、再び円形脱毛症ができたのでご来店く...

記事を読む

女子高校生の円形脱毛症ケア~完全回復へ爆進中!

円形脱毛施術でおなじみの愛知県のコンドウ理容園です。 「女子中学生の円形脱毛症ケア~回復継続中!」で掲載させていただいた中学3年生(女の子...

記事を読む

円形脱毛症(女性) ~ 完全回復宣言!!

円形脱毛施術でおなじみの愛知県のコンドウ理容園です。 刈谷市内より円形脱毛症ケアで4回目のご来店ありがとうございます。このお客さまは昨年1...

記事を読む

円形脱毛症ケア(男性)~5回目のご来店ありがとうございます

こんにちは^^円形脱毛施術でおなじみの愛知県のコンドウ理容園です。 今年の5月の初来店から30日~40日サイクルで今日の来店で5回目の施術...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。